「仕事=どんなに辛くても耐えなければならない」という悪しき洗脳にかかっている人が多いです。
昭和の時代は「頑張っただけ評価されて将来役に立つ」という社会でした。
経営者も従業員もそうして自分の実績を積み上げて成長してきました。
終身雇用も年功序列も右肩上がりの昇給も否定された現在において、言い方は悪いけど経営者はその場その場でスタッフを使い捨てにしてキツいミッションを課します。
そりゃあそうです、評価もされず低い報酬で将来も約束されないポジションで自分を消耗するような仕事をするのはお人好しにも程がありますからね。
全く報われない貧乏くじのような辛い仕事も「自分が好きだからやってる」ならまだ健康的です。
しかし「仕方なくやってる」「辛さに耐えてる」「犠牲になる気持ちで」というような自虐的な精神だと磨り減って壊れます。
しかもそうやって使える期間だけ安い報酬でコキ使うブラック企業やサイコパス経営者の思う壺なのです。

手斧 つんぼ 難聴 チョンナ 大工 鉋 鑿 鋸 - www.medispa.ro

01月-ちょうなのヤフオク!の相場・価格を見る-ヤフオク

「u270□在銘 だるま 彫刻 ちょうな□大工道具/古道具/斧」が40件の入札で26,、「ちょうな 柄 四本 検〔鉋 鑿 大工道具 チョンナ 刃物 千代鶴」が34件の入札