まず重要な点として、リテムとダウン値蓄積の仕様が違います。エアルパープルでは物理ダウン中に物理ダウンの蓄積値を、属性ダウン中にも属性ダウンの蓄積値を稼ぐことができます

これだけはリテムとの大きな違いなのでおさえておくといいと思います。




では、各モンスターの攻略です


ブジン

短物理ダウン→長物理ダウンを繰り返す。氷属性ダウンは長物理ダウンと同程度の長さ。

理想としては短物理ダウン→属性ダウン→長物理ダウン または、 長物理ダウン→属性ダウンの長い時間攻撃できるダウンが2連続で続けられると火力を叩きこみやすいです。

怒ると赤い残光のようなエフェクトと、ヒット数が2倍になる攻撃もあって危険度が大きく上がります。PTだと次の予備動作の見分けも難しくなるため何度かやって慣れたいです。

どうしても苦手ならコクーンのセツナノイッセンや、鍵をかけたエアリオパープルをソロでリタイアすることでトリガーを消費せずに練習できます。

ヴァラス

物理ダウンの蓄積値は腹部のコアでしか蓄積できません。

物理も属性もどちらのダウンもほぼ同じ長さ。

爪と胴体の狭い隙間に入り込めると弱点を殴れることがあります。




ナグルス
私はいろいろ試した結果、腕は無視するところに落ち着きました。

怒り前は全身のっぺりした硬さで、怒り後は弱点の頭コアが出現→飛び上がり地面を殴る→連続地面殴り攻撃、の確定行動があります。



怒り後は頭物理→属性→頭物理の3ダウンを連続できると一気に削れます。


ネクス・エアリオ

怒り時に特殊ダウンのギミックがあります。




デスト・ラグラス

胴体攻撃による物理ダウンがあります。 訂正。恐らく胴体に加えて両腕でも物理ダウン値蓄積しています。胴体と両腕が物理ダウン値を共有しているかは不明です。

属性ダウンはダウン時弱点を狙えると蓄積値を稼ぎやすいです。ダウン時間自体は短めです。

非常にタフで、早いPTでも3分、平均的なPTだと5~6分はかかると想定しておきたいです。


ボスのAIが狙っているプレイヤーより高い高度をとろうとするらしく、タゲを取っている人が高く飛び続けると他のメンバーが攻撃しにくいケースもあるようです。

ロッドやタリスのPBはダウン中のコアに当てられれば属性ダウン値を大きく稼ぐことができます。


kuni様専用 ASTROAD TO JAPANpso20220215_012506_000 (2)_LI






おまけ:装備編

武器も防具も全員が強化値40でもクリアできるバランスにはなっています。

周回速度を上げたい場合は特に武器を+50まで強化しておくと楽になります。

慣れていなかったり、アクションがあまり得意ではない場合は防具を50まで強化しておくとワンパンでやられる率が減り、こちらも楽になります。

火力に関しては高いほど与ダメージが増えるのは当然なので省略するとして、防具、HPに関しての私の個人的な意見を述べてみます。

私がよく当たるのはナグルスの通常殴りやラグラスの横なぎ攻撃です。なのでそのあたりの攻撃を耐えられるラインまでは盛っています。

グライアス×2、ヴィダーレン×1、すべて強化値50で防御力761、HP537が現在の値ですが、Teのデバンドが無い状況でもそれらの攻撃を耐えることができています。


(全身5スロ環境では恐らく表示威力+67%あたりが限界?)



以上がエアルパープルの攻略のコツとおまけとなります。追加事項があればまた更新します。